鈴木さんの手荒れ対策

髪型一つで人の見た目はかなり変わってくるようになります。

野暮ったい印象だった人も、おしゃれであか抜けた感じに変身することが出来ますので、髪型を変えるのはその人の人生をも変えることが出来るでしょう。

美容師として働くようにすれば、その手助けをすることが出来ますので、これから美容師を目指してみるのもいいかもしれません。

美容師を目指すのであれば、気を付けておかなくてはならないのが、手荒れをしないようにすることです。

手荒れをしてしまえば、美容師を続けていくのが難しくなります。

一般的な仕事よりもお湯に触れる機会が多くなりますので、手荒れを起こしやすくなるからです。

しかしお客様の髪をシャンプーするのは美容師の仕事でもありますので、しないわけにはいかないでしょう。

美容師として長く仕事を続けていきたいのであれば、しっかりと手荒れ対策をすることです。

肌が強い人だとしても、手荒れをする可能性はありますので、自分の肌を過信しすぎないようにしなくてはなりません。

手荒れを防ぐためにできることは、こまめに手の水分をふき取るようにすることです。

お客様の髪をシャンプーした後には水分が手についたままになっていますが、忙しくてもこまめにふき取るようにしておきましょう。

急いでいるからと適当に拭いて水分を残していると、手荒れの原因を作ることになります。

時間が空いたときにはこまめにハンドクリームを塗るようにして肌を守るようにしましょう。

仕事の時にもたくさんお湯を使うようになりますので、家に帰ってからお湯を使う時には、ゴム手袋を使用するようにして肌を守るようにしましょう。

仕事中にはゴム手袋をすることが出来なかったとしても、家に帰ればゴム手袋をして作業をすることもできます。

面倒だからとゴム手袋をつけずに作業をしていると、どんどん手荒れの原因を作ることになりますので、面倒でも家にいるときにはできるだけ肌を守るようにしましょう。

鈴木貞一郎について詳しく