家賃保証会社のメリットと現代の制度が抱える問題

■家賃保証会社の業務内容とは?

家賃保証会社は万が一家賃が滞納された場合に借主に代わって家賃を納入してくれる、貸主にとっては非常に安心できるものとなっています。

従来は万が一家賃の支払いが行えなくなってしまったときのために、連帯保証人を設定しその連帯保証人に借主に代わって家賃を支払ってもらうことが一般的で、契約書もこの仕組みに準じたものとなっていましたが、連帯保証人を設定することが難しい場合も近年では増えており、そのような人に対して賃貸を行うことができない事は貸主にとってもビジネスチャンスを失うデメリットとしての要素が非常に高くなっている実態があることから、家賃保証会社の需要が非常に大きくなってきているのです。

長く続く不景気により、住宅に対する認識が大きく変わっています。従来は賃貸住宅を借りる場合には少しでも良い住宅を選んで借りたいと言う意識が強く、またそのために親戚や知人に連帯保証人を依頼して借りることが一般的となっていましたが、現代では経済的な理由から高額の家賃を支払うことができず、できるだけ安い賃貸住宅を探す人が増えている現状があります。

加えて自分の資産やお金を守りたいと言う人も多く、親戚や知人から連帯保証人を依頼されても断る人が増えていることから、このような条件の住宅を借りることができないと言う人も非常に増えているのです。

そのため家賃が高額でも保証人や連帯保証人が不要な物件にその需要が集まってしまう傾向があり、これらを取り扱っているのが大手の不動産業者が多いことから個人的に住宅を貸したい人や、高額な物件等にはその需要が集まらない状況となっています。これにより効果的な土地活用をすることができないと考える人も多く、様々な問題を発生させているのです。

■家賃保証会社を利用するメリット

その中で登場したのが全保連などの家賃保証会社で、保証料を徴収する代わりに万が一家賃を滞納した場合や支払えなくなった場合などに借主に代わって家賃を支払う仕組みとなっており、連帯保証人を必要とする物件であってもその保証人の代わりとして利用することで貸主と借主の両方にメリットを与えるものとして注目されています。

その保証料は物件の価格や借主の信用度外により様々ですが、連帯保証人となってくれる人がいない借主にとっては以上に利便性が高く、広く利用されるようになっていったのです。

しかし、最近では連帯保証人を用意することができる場合でも家賃保証会社と契約することが必須となっている物件が増えています。

これは契約上借主が家賃を支払うことができなくなった場合、連帯保証人がその責任を全て追う事になっていますが、連帯保証人もその責任を追うことが経済的にできない場合には貸主は支払われていない家賃を徴収することができなくなってしまう恐れがあるためです。

実際に長く続く不景気により多くの人が十分な収入を得ることができずに家賃を支払うことができないと言うケースも非常に増えており、また連帯保証人自身もその支払いを行うことができなくなってしまうというケースも非常に増えているのです。

■現代の制度の問題点

そのためこれらのリスクを減らすために多くの場合には家賃保証会社を設定することが契約の条件としているケースが増えており、その保証料を支払うことが借主に求められるようになっています。

そのため、連帯保証人を用意して経済的にも非常に安定している人であっても、その契約を結ばなければならず、家賃に加えて保証料を毎月支払わなければならないと言う経済的負担が義務付けられることになるのです。

その背景には保証会社と不動産会社や貸主の様々な思惑があります。保証会社は実際には連帯保証人をつけることができない人のサポートすることが主な業務となっていますが、このような人は保証会社に対する保証料を支払うこともできない場合も多く、会社としての利益を上げることが難しい状況となってしまうことも少なくありません。

そのため実際には保証をすることが必要ない借主からも料金を徴収したいと言う思惑があり、その思惑を実現するために不動産会社や貸主に対して契約条件として家賃保証会社を利用することを義務づけてもらい、その代わりにリベートを支払うと言う構図ができているケースが多くなっているのです。

これにより近年の多くの賃貸契約では保証会社をつけることが賃貸契約を結ぶ上での必須の条件となっており、保証人を用意することができるかどうかにかかわらずこの条件を満たさない限りは賃貸契約をすることができないケースが増えています。

本来保証会社は連帯保証人を用意することができない人に対してこの代わりとしてサービスを提供することが主な業務となっていましたが、それだけでは利益を上げることができず、契約条件に利用することを必須とすることで保証会社を利用する必要のない人からも保証料を徴収することができる仕組みを作り上げているのです。

これにより借主の経済的負担が大きくなる傾向を生んでいるほか、契約が複雑化し様々なトラブルを生み出すことにつながっている場合も少なくありません。

国際連合について

国連

国際連合とは

国際連合とは、国際の平和及び安全の維持、経済的・社会的・文化的・人道的国際協力の促進を目的とした国際連合憲章の下に、1945年に成立した国際機関である。

原加盟国は、アメリカ、中国イギリスなど51カ国で、2017年現在193カ国が加盟している。
2011年に南スーダンが加盟したことにより193カ国となった。

ちなみに日本の国際連合加盟は1956年である。
国際連合の主要機関には、安全保障理事会、総会、経済社会理事会、国際司法裁判所、信託統治理事会、事務局がある。

安全保障理事会とは国際の平和及び安全の維持に第一次的責任を負う機関である。
アメリカ、イギリス、フランス、中国、ロシアの5つの常任理事国と総会が2年の任期で選ぶ非常任理事国の10カ国の計15カ国からなる。

表決方法は大国一致の原則に基づいており、実質事項に関しては、5大国(アメリカ、イギリス、フランス、中国、ロシア)を含む9理事国以上の賛成が必要であり、また、手続き事項に関しては、15理事国のうち少なくとも9理事国の賛成が必要となっている。

権限を持っているのは安全保障理事会のみ

これまで国連の加盟国で73カ国が一度も理事国になったことがないが、すべての国連加盟国は安全保障理事会の決定を受諾し、実施することに同意している。

国連のほかの機関は加盟国に対して勧告を行うのみであるが、加盟国がその実施を義務付けられる決定を行う権限を持っているのは安全保障理事会のみである。

国際紛争の調査、解決方の勧告、侵略行為の確認などを行い、強制的措置(国連憲章の第6章・第7章)の決定は、加盟国を拘束する。
実質事項の決議についてのみ5大国は拒否権を行使できる。

これが行使されると、決議は成立しなくなる。
ただし、欠席を含む棄権の場合は、拒否権の行使にあたらない。

総会は全加盟国が参加し、主権平等で各国に1票があたえられている。
表決方法は、平和と安全保障、新加盟国の承認、予算のような重要問題についての決定は3分の2以上の賛成が必要である。

国際の平和、安全を維持し、回復するための集団的措置

その他一般事項は過半数で成立する。
総会は憲章に定められた問題を討議して加盟国、安全保障理事会に勧告できる。

また、特別緊急総会または「平和のための結集」決議という、大国の拒否権行使によって安全保障理事会が機能麻痺の状態に陥った際に、総会が「国際の平和、安全を維持し、回復するための集団的措置」を勧告できる。

1950年の朝鮮戦争の際に立案され、1956年の第二次中東戦争及びハンガリー動乱、1958年の中東問題、1967年の第三次中東戦争、1980年のアフガニスタン問題の際に決議された。

また、2006年に総会の補助機関として人権理事会が設置された。
経済社会理事会は、理事国54か国で構成され、任期は3年である。

アフリカ14カ国、アジア11カ国、東欧6カ国、ラテンアメリカ・カリブ海域10カ国、西ヨーロッパとその他13カ国である。

国連の各専門機関について

この機関は経済・社会・文化・教育・保健などに関する国際問題の研究・報告・勧告を行う。
専門機関などとの連携や調整を担当する。

専門機関にはUNESCO(国連教育科学文化機関)、ILO(国際労働機関)、IMF(国際通貨基金)、IBRD(国際復興開発銀行)、WHO(世界保健機関)、IAEA(国際原子力機関)、WTO(世界貿易機関)などがある。

国際司法裁判所はオランダのハーグに設置されている。
国連の主要機関で唯一ニューヨークに所在しない機関である。

常設国際司法裁判所にとってかわった1946年に活動を開始した。関係当事国双方の付託によって裁判を行い、一審で終結し、判決は関係当事国を拘束し、当事国は判決実施の義務がある。

総会と安全保障理事会が個別に投票し、9年の任期で15人の裁判官から構成される。
それぞれ異なる国から選ばれ西ヨーロッパとその他の西欧諸国5名、アフリカ3名、アジア3名、東欧2名、ラテンアメリカ・カリブ海域2名の地理的配分となっている。

国際刑事裁判所は2003年に設置

国際刑事裁判所は2003年に設置され、大量殺人(ジェノサイド)や戦争犯罪、人道に反する罪を犯した個人を裁く機関である。
信託統治理事会は、もともと国連憲章により設立され、国連加盟国7カ国の施政下に置かれた11の信託統治地域の施政を国際的に監督し、かつ適切な措置をとってこれらの地域が自治もしくは独立に向けた準備ができるようにすることを目的とした。

1994年11月1日に国連最後の信託統治地域のパラオが独立したことで、現在は活動を休止している。
事務局は世界各地の国連事務局で働くすべての国籍を代表する職員で構成され、日常業務を遂行している。

事務総長はPKOの指揮権を持つ。
平和維持の方式は次のようになっている。

平和的解決の義務により、安全保障理事会による決議(勧告)が行われ、その後、対象となる国に経済封鎖を行い、武力制裁を行う。
武力制裁は特別協定によって提供された兵力によって編成される国連軍が行うこととなっているが、実際には多国籍軍やPKFが編成されている。

 

参考文献

大阪ユニセフ協会(日本ユニセフ協会協定地域組織)

プロ野球選手を目指す子供は増えるか?山本昌さんの見解は?

1.翳りを見せるプロ野球人気を山本昌さんはどう見る?

かつてはプロ野球が日本のプロスポーツの頂点として君臨し、男の子の憧れの職業のランキングではプロ野球選手がトップとなっていました。

テレビでは毎日のようにプロ野球の試合が放映されていて、その中で活躍するスター選手たちのプレーには子供から大人まで、多くの日本人の視線がくぎ付けになったものです。

しかしも近年ではプロ野球人気は昔ほどではなくなっており、テレビの地上波で試合中継が行われることはめったにありません。
日本人なら誰でもその名前を知っているような山本昌さんのようなスーパースターは、日本の全てのプロ球団の中にもほんのわずかしかいないでしょう。

ただ、最近ではプロ野球の試合を観に球場へ足を運ぶお客さんの数は、最悪だったころと比べるとかなり回復してきているようです。

特に、カープ女子と呼ばれる人たちに代表されるように、若い女性の中にプロ野球ファンが増えてきていることは、野球界にとってかなりありがたいことだと言えるでしょう。

しかし、野球界の未来に関しては、とても重要な問題が残されていることを忘れてはなりません。
それは、子供たちの中にプロ野球選手を目指す人が激減しているという問題です。

2.サッカーなど他のスポーツを選択する子どもが増えてきている

子どもたちがプロ野球選手をあまり目指さなくなった理由としてまず考えられるのは、サッカーを始めとして他のスポーツを選択する子どもが増えてきていることです。

私が子どもの頃は、みんなが集まって何かスポーツをしようという話になると、野球が選ばれることが多かったのですが、最近ではおそらくサッカーを選ぶ子供たちが圧倒的に多いでしょう。

野球はボール以外にもバットやグローブなどの道具が必要となるため、サッカーやバスケットボールにように基本的にボールが一つあれば何とか形になるようなスポーツの方が、遊ぶためのハードルが低いという点はその大きな理由だと考えられます。

また、野球は攻撃と守備に別れて行われるため、ある程度まとまった時間が取れなければ攻守の両方を味わうことが出来ず、また攻撃側では打順によって出番が回ってこないこともあるため不公平感が出てしまいます。

しかし、サッカーのように攻撃と守備に別れることなく全員が参加できるスポーツなら、短い時間でもある程度の満足感を得やすいことは確かだと言えます。

3.彼らが憧れるに足るだけの存在ではなくなってしまった

このような野球というスポーツ自体の特徴は、大人にとっては深みや面白みにつながる場合はあっても、子どもにとってはマイナスの要素となってしまう恐れがあるので、どうしても野球離れが進んでしまうでしょう。

例え自分は野球の方が好きだという子供がいたとしても、一緒に遊びたいと思う子どもが他にいなければ遊ぶことは出来ませんから、この理由による野球離れを解消することは不可能に近いと言えるかも知れません。

次に考えられる、子供がプロ野球選手を目指さなくなってしまっている理由は、彼らが憧れるに足るだけの存在ではなくなってしまっていることです。

昔のプロ野球界には素晴らしいプレーを見せるだけではなく、山本昌さんのように人間的な魅力を感じさせたり、個性的な言動で人々を楽しませたりするようなスーパースターが何人もいました。

そういった選手の姿をテレビや球場で見ることによって、御友たちの中に自分もああいう大人になりたいという憧れが生まれたのです。
しかし、現在のプロ野球界にそういった選手が何人もいるかと考えると、上でも述べたようにほとんどいないというのが現実です。

それはテレビでの中継数が激減したことも大きな原因と考えられるのですが、有名になった選手がすぐにメジャーリーグに行ってしまうという点も深く関係していると言えるでしょう。

4.日本のプロ野球はメジャーリーグの下部組織や養成所のようなイメージに・・・

日本のプロ野球界で優れた成績を上げ、多くのファンから声援を受けるようなスター選手が、移籍が可能になるとすぐにメジャーリーグに行ってしまうことは珍しくありません。

そのようなことが続けば、日本のプロ野球はメジャーリーグの下部組織や養成所のようなイメージとなってしまい、そこでプレーをすることに対する憧れが子どもたちの中に生じなくなってしまいかねません。

プロの世界だけではなく、高校生やアマチュアを含めた野球界全体の体質が古く感じられるという点も、プロ野球選手を目指す子供が減少する理由になっています。

例えば、高校球児が丸刈りを強制されたり、根性論に支配された非科学的なトレーニングを繰り返したり、部員同士の上下関係が厳しくて部内での暴力事件が続発したりといったように、野球界の古い体質による問題点が色々と取りざたされても、一向に改善されていないのではないかと思われます。

祖いったマイナスのイメージが払しょくできない限りは、多くの子供たちが自分も野球部に入って頑張ろうという気になりはしないでしょう。
そういったことを考慮して、今後プロ野球選手を目指す子供は増えるかと考えると、残念ながら極めて難しいと答えざるを得ません。

ただ、野球というスポーツ自体は魅力的であることは確かなので、業界の人たちの努力によっては何とか出来る可能性はまだあるのではないでしょうか。

出典元:山本昌に関する最新ニュース

商社マンに必要な資質とは何か

川中商事が考える商社マンの資質

商社への就職を検討する学生が多く、高学歴な学生は総合商社として名を馳せる企業への就職を目指すなど、昔から人気の高さがあります。
行う仕事と言えば、いわば仲介業者のようなものであり、なんでも取り扱っておりそれを融通しあうようなものです。

何でもかんでも取り扱うところ、特定の分野に絞ったものでやり取りを行うところと様々ですが、何でも扱えるところの方がそれなりに業界のことを知ることができ、異業種への参入でもできるなど、今後独立することを考えた際に様々な考え方を学べるのも特徴です。

こうした職場で働くためにはどのような資質が必要なのかは知っておかないといけません。

業種によっては相当なメンタルが求められることもあれば、それよりも常に冷静でいられるかという部分が求められることもあります。

川中商事より抜粋

川中商事など商社ならではの必要なスキル、資質というのはいくつもあり、まず該当するのが牽引力です。
要するに周りを常に引っ張る力、突き進む力があるかというものです。

リーダーシップという言葉でも表現できますが、会社や部下を力いっぱい牽引することが求められており、その方がイメージしやすいためです。

この牽引力は学生時代でも掴み取ることは可能です。
例えばアルバイトの時に、こういう問題を抱えているというのがあればそれを率先して解決させていくことで身についていきます。

解決させるには、どこが問題でどこが原因なのかを知ることと、正論だけでは周りはついてこないという性質を見越して行動を起こすこと、やる気を出させるアクションや言葉遣いをすることが必要です。

実際に働いてみると、正論をぶつけても多くの人は率先して動こうとはしません。
メンツを守りつつ、気持ちよく働いてもらう状況にしていくのも能力です。

商社で働きたい人の必須スキルとは?

商社で働きたい人にとっていわば必須なのが英語スキルです。
仕事の性質上、海外で働くことが非常に多く、実際に取引を行う相手も外国人であることが多いです。

以前は欧米系の企業との取引が多かったですが、最近では中国や東南アジアの企業とも取引をする機会が増えています。
そんな中で中国語はおろか、英語すら話せないというのはマイナスでしかありません。

英語ができない人に限って、英語が話せなくてもできる仕事と強弁しますが、なぜ英語を話せなくても仕事ができるのかという部分を理解しないで働く人が多く、そういう人は向いていません。

海外との取引が多いところでは英語を半ば強制的に身につけさせようとするところが多いです。
TOEICでこれだけの点数を取らなければ入社すらさせないとか、最低限この点数がないと出世はできないなど、高い英語に関するハードルを設けていることも多々あります。

それだけ英語はできなければならないということであり、語学スキルを磨こうとする人はそれだけやる気があると会社側は判断します。
英語だけでなく、中国語までできるようになれば海外勤務をする際に優先的に赴任させてくれる可能性もあり、語学スキルは磨いておいて損はありません。

大学生になったらTOEICを受けておいた方が良い

語学スキルは学生時代に備えられるものです。
中学高校までは英語検定を受ける人がほとんどですが、大学生になったら最初から語学スキルが求められることを見越してTOEICを受けることをおすすめします。

英検1級だから優秀と思ってくれる企業もありますが、TOEICが大きな指標になります。
大学生になったらそこのスキルを磨いて高得点を確保しておけば、就職活動がより有利に進みます。
そこまでの努力をしたという部分を会社側も評価するため、そうした意味でも語学スキルを磨くことはとても重要です。

意外と忘れがちなのは数字に強いかどうかです。
経理担当であれば数字に強いことが求められても不思議ではありませんが、営業で求められるのはあまり理解ができないという人もいます。

これにはちゃんとした理由があり、相手に提案を行う際に、金銭面を含めたものをしっかりと説明できるかが求められます。
特に企業相手だと非常にシビアな話になっていき、コスト面などをかなり求められます。
財務諸表が完全に理解できるほどでなければならないとも言われ、目指す以上はそのあたりの勉強も必要になっていきます。

簿記を勉強するのが一番

手っ取り早くスキルを磨くには簿記を勉強するのが一番です。
3級レベルであれば簡単に学ぶことができ、すぐに理解できます。

学生レベルでは2級を取得しておくと入ってから非常に楽と言われ、会社の先輩からの話にも何とかついていけます。
将来的には国際的な会計の知識を身につけることも大事ですが、最初からそこを目指すのは大変です。
なので、まずは簿記2級あたりを最低限のスキルとして取得しておくことをおすすめします。

もちろん、体力面、精神面でタフであることも求められますが、なんといっても好奇心旺盛であることが重要です。
好奇心がなければスキルを磨こうということにもなりません。
仕事として必要と思ってスキルを磨く人より自分のためになると思ってスキルを磨く人が商社マンとして有能なので、そのあたりの自主性も大事です。

建設会社にも色々ある

ハウスメーカーは知名度が高く、低コストで家を建てられる

マイホームを持つと決めたら希望する住居にするために建設会社に依頼します。

日本では建設工事を最後まで請け負う事業を扱う会社を建設会社と呼ぶので、工事の依頼先はたくさんあります。

まず1つはハウスメーカーです。

CMなど幅広く広告活動を行っているため知名度が高く、大手に依頼すれば安心感があります。

ハウスメーカーは住宅を商品化して大量生産することを目標とするため、低コストで家を建てられます。

安いからといって品質が低いわけではなく、耐震や断熱など最先端のテクノロジーを練りこんでいます。

知名度の高いハウスメーカーで欠陥住宅が発覚すれば社会に大きな衝撃が走るため、細部まで工業化し製品にバラつきが出ないように工夫します。

ただし大手になるほど広告活動や営業の人件費が多くかかるため、結果として工事費用が高くなることもありハウスメーカーだから安いというわけでもありません。

規格から外れた注文が多いと低コスト大量生産ができないため、さらに価格は高くなります。

建て主が自由に家をデザインしようとすると高くなるため、ある程度の我慢は必要です。

また自由なデザインを要望しなくても、不整形地など土地そのものの問題で規格から外れてしまうことも少なくありません。

よってハウスメーカーは広くて整った土地の多い地方では安く、狭くて複雑な土地が多い都市部で高い傾向にあります。

広告で坪単価を表示していますが、これは本体だけの価格なので土地の状況により高くなることを覚えておきます。

住宅ローンを組む時もハウスメーカーの顧客だと審査に通りやすく、グループ内の金融機関を利用できることも多いです。

上場しているハウスメーカーであれば突然会社が無くなることがなく、きちんとした保証を受けられます。

2つ目は工務店で、規模が小さくコストを抑えた建築を行うことが多い

2つ目は工務店で様々な形態がありますが、規模が小さくコストを抑えた建築を行うことが多いです。

建て主から提示された予算内で法律に従って造れば良いため、ハウスメーカーよりデザインの自由度は高いとされます。

ただし工務店が普段から安くで仕入れている素材など、自分たちの好きな素材や工法を用いるため建て主と好みが合わないならば別の工務店を探すのが良いです。

工務店は保守的な傾向があり、フランチャイズに加盟していると制限も大きくなります。

仕様制限がそれほどない工務店であれば、都市部の複雑な地形に合わせて家を建てられるため、ハウスメーカーのような規格外によるコストの上乗せはありません。

ただし設計力がないと複雑な土地に対応できないため、過去の実績などから技術力を見極める必要があります。

工務店は監理する方と施行する方が同じ会社なので第三者が工事をチェックすることができません。

代願といって監理者として建築士の名前を借りる方法も一般化しており、工事期間中1度も監理者が現場を訪れないこともあります。

しかし地域に根ざした工務店は欠陥住宅や手抜き工事で地域住民たちの信頼を失いたくないため、プロフェッショナルな精神で真面目に施行しており悪質な事態に陥ることは極めて稀です。

3つ目は設計事務所で、住みやすくおしゃれな家を造ることができる

3つ目は設計事務所で運営を行うのは建築家で、設計と工事の監理を行い施行は工務店に任せます。

設計においては規格が存在しないため、工法や素材など全ての要望を伝えられます。

土地の特徴や家族のライフスタイルなど全てを考慮した上で、建築家のセンスも加わり住みやすくおしゃれな家を造ることが可能です。

土地が原因でコストが高くなることはありませんが、ゼロから作り上げ計画期間も長くなるので設計料は高くなります。

ハウスメーカーや工務店は工事費を提示されそれに納得する形で契約しますが、設計事務所は建築家が設計し終えて見積もりを出してようやく工務店による工事費が分かるため、ある程度予算が潤沢でなければなりません。

ハウスメーカーを比べると世間に認知されていないため、金融機関で住宅ローンを組むのに苦労します。

住宅ローンの相性の良い仕組みを取り入れているわけでもないため、自分で申請するなど住宅ローンの知識も必要です。

金融機関は土地を購入してから竣工までの期間が長いことを嫌うので、土地の購入にローンを使いたいならば十分な説明を行って印象を良くします。

家の品質については建築家の設計思想通りに施行されているかを建築家自身が監理するため手抜きを避けられます。

ただし自由の高い設計はどれも被りがなく、建築家や工務店にとって初めて建てる家となるので予期せぬ不具合が起こる可能性はあります。

竣工後にいくつかの改修工事をすることを視野にいれておきます。

自分が何を重視して家を建てるかで建設会社の選び方は変わってくる

ハウスメーカーと工務店、設計事務所はそれぞれ異なる特徴を持ちますが、設計の自由度やコスト、品質の信頼性など自分が何を重視して家を建てるかでどの建設会社を選ぶかは変わります。

竣工後10年間は瑕疵保証があるなど基本的な保証は国によって義務付けられているため、信和建設などの建設会社で違いはありません。

電気代を節約したい人にアドバイスしました。

ネオコーポレーションに学ぶ!電気代節約について

一人暮らしの人から、家族で生活をしている人まで、光熱費の中でも高くなりがちな電気代を節約したい人がほとんどです。
電化製品を使用しない時はコンセントを外したり、使用していない部屋の電気をこまめに消すことも大事です。

エアコンや冷蔵庫、洗濯機などの家電は欠かせない必需品ですが、購入してから8年以上を経過している場合は最新の商品と買い替えをしたほうが省エネに対応をしています。

エアコンは高齢者やお子様のおられるご家庭では、欠かせない必需品になっていますが、購入する時はお値段が高めでも省エネに対応した商品を選ぶことが大事です。

エアコンはこまめに電源を切っている人が多いですが、電源を入れた時に一番電力を消費するので、付けたままにしておいたほうが電気代を節約できます。

寒い時期や暑い時期は使用頻度が上がりますが、電源を切ったり、入れたりしないほうが安くなることが多いです。
現代は省エネで環境に優しい太陽光発電を導入したい人が増えており、専門業者のスタッフに依頼すると自宅の方角や屋根の形状に合った太陽光パネルを設置してくれます。

発電量の多い太陽光パネルを設置すると、天気の良い日は太陽光で発電した電力を使うことができるので、節電効果が期待できます。
太陽光発電を導入すると、室内に設置したリモコンで発電量が確認できるので、家族全員に節電意識が芽生えるようになります。

<家族の多いご家庭ではオール電化を導入する>

お子様が小さいうちから、節電意識を持たせることで、電気代を節約する効果が期待できます。
現代は太陽光発電を検討している人は、オール電化に高い関心を持っている人が増加しています。

家族の多いご家庭ではオール電化を導入することで、毎月の光熱費を節約する効果が期待できます。
オール電化に関心を持っている人は、地元で評判の高い専門業者に電話で相談すると、経験豊富なスタッフが丁寧にアドバイスをしてくれます。

口コミで評価の高い専門業者を利用すると、迅速で丁寧な応対が特徴になっており、費用を抑えた施工が可能です。
一人暮らしの人は部屋の広さや、部屋を使用している時間によっても、電気代が違ってきますが、なるべく節電したい人がほとんどです。
お湯を沸かす時は電気ポットを使用している人が多いですが、一日中使用していると、意外と高く付く場合があります。

現代は一人暮らしの人が利用しやすい、卓上タイプやスリムタイプのウォーターサーバーがレンタルできるので、電気ポットの代わりに利用するのもお勧めです。

ウォーターサーバーは忙しい朝の時間でも、すぐにお湯が使えるので大変便利です。
電気ポットに比べると光熱費を抑えることができるので、省エネに配慮した商品を導入しておくと便利です。

一人暮らしの人はカップ麺やスープを作ったり、コーヒーやお茶を淹れる頻度も高いので、人気のお店のウォーターサーバーを利用するのもお勧めです。
ファミリーで生活をしている人や、広い家で生活をしている人は、マンションやアパートで生活をしている人に比べると電気代が高くなりがちです。

<太陽光発電を導入して安定収入を得る>

太陽光発電を導入するのは初期費用が必要になりますが、20年以上は使用できますし、余った電力は電気会社に売ることができるので、毎月決まった収入を得ることができます。

雨の日や曇りなどの発電量の少ない日は、電気会社から電気を購入することができるので、安心して生活ができます。
小さいお子様のおられるご家庭では、将来に備えて教育費を計画的に貯めたい人がほとんどです。

光熱費を抑えることで、家計に余裕ができるため、塾や習い事などの教育費にお金を掛けることができます。
古い電化製品を使用している人は、壊れていなくても新しい商品と買い替えることで、光熱費を抑えることが可能です。

休日や仕事帰りに電気量販店に足を運んで、じっくりと商品を比較してから、購入すると良いでしょう。
現代は働く女性が増えているため、仕事や家事で忙しい人が多いですが、家計の負担を減らすためには光熱費を抑えることも大事です。

<IH調理器に買い替える>

主婦や女性は毎日調理をしている人が多いですが、ガスコンロを使用している人は、IH調理器に買い替えを検討してみると良いでしょう。
電気とガスを併用しているご家庭も多く、様々なメリットもありますが、二世帯などの家族が多いご家庭ではオール電化にしたほうが長い目で見るとお得になります。

電気給湯器を使用しているご家庭が多いですが、最新の商品は少ない電力でお湯を沸かせますし、お湯の温度も安定しているので幅広い年代の人に人気があります。

給湯器はお湯を沸かすために欠かせない精密機器のひとつですが、8年から10年を超えると、少しずつ燃費が悪くなったり、故障をしやすくなるので最新の商品に買い替えを検討したほうがお得になります。

一人一人ライフスタイルや家族構成が違ってくるので、最適な節電方法が違ってきますが、真面目に取り組むことで電気代を節約できるので、お店のスタッフにも相談してみると良いでしょう。

ネオコーポレーションより

東洋新薬はトクホの申請許可数がナンバーワン

株式会社東洋新薬の沿革

株式会社東洋新薬は1993年に設立した株式会社セブンシーズから健康食品部門を独立して誕生した会社で、設立は1997年になります。

健康食品とは毎日の食生活では十分な栄養を摂る事が出来ないと感じている人が利用する食品で、いわゆるサプリメントになります。

最近は健康ブームなどからも、ドラッグストアに行けば健康食品が商品棚に所狭しと並べられている、通販サイトの中にも色々な健康食品が販売してあり、いつでも購入が出来る、必要な時にいつでも摂取出来るなどの利便性を持っています。

健康食品を利用すれば必要な栄養成分を体内に取り入れる事が出来るメリットがありますが、健康食品を利用する時にはこうした食品だけに頼るのではなく、毎日の食生活をしっかりと考えて行かなければなりません。

サプリメントは補給や補うなどの意味を持つ言葉で、食事の栄養だけでは不十分と感じる時に利用するのがサプリメントや健康食品の特徴であると同時に魅力になるわけです。

1997年に設立した株式東洋新薬は、トクホの申請許可数がナンバーワンなどの特徴を持つ会社です。

トクホは特定保健用食品の略称で、人がジャンプしているデザインでも有名です。

人がジャンプしているデザインが入っている商品を見れば、これは身体に良いなどのイメージが定着しています。

ちなみに、トクホの商品はメーカーが独自に作るものではなく、製品化をした後に厚生労働省の評価を得て、評価に応じてトクホ商品として販売許可が下りるなどの特徴を持っています。

トクホの詳細

トクホは1991年に制度が開始になったもので、許可を得るためには厚生労働省の安全評価が必要です。

事務手続きを始め、食品の安全性や有効性の評価を厚生労働省が行う、評価に値する商品についてはトクホのマークを付けて販売が許可されるなどの特徴を持っています。

その証拠に、トクホ食品には許可マークが付いており、評価に値するものだけがトクホマークを付けて商品の販売が出来るわけです。

トクホは従来厚生労働省が評価していたとも言えます。

2003年に食品安全基本法が制定された事で、安全性の評価は厚生労働省から食品安全委員会に移管が行われたのです。

さらに、その6年後の2009年には食品衛生法を初めとして、JAS法や健康増進法などにより消費者庁に移管が行われるなどの歴史を持っています。

現在トクホマークには特定保健用食品と消費者庁許可の2つが記載してあるなど、トクホは時代と共に厚生労働省から食品安全委員会、そして現在の消費者丁へと移管が行われたなどの歴史を持っています。

トクホマークが付いている食品を見ると、これは他の飲み物とは違い健康に良いなどのイメージを持つ人は多いと言えましょう。

好んでトクホマークの食品や飲み物類を選ぶ人も多いかと思われますが、株式会社東洋新薬のトクホ商品は2002年に許可取得を行った青汁製品が初と言われています。

青汁製品は苦みがある飲み物、テレビのコマーシャルなどでも有名で苦みが強く青臭いなどの健康食品です。

しかし、青汁は毎日飲み続ける事で健康になれるなどからも人気を集めた健康食品の一つです。

さらに、2002年に許可所得を行った青汁製品の許可は日本国内で初とも言われており、トクホの第一号を誕生させたのは株式会社東洋新薬と言う事になるわけです。

トクホの許可取得数で日本一になっている

以降様々な健康食品を登場させており、2005年にはトクホの許可取得数で日本一になる、2007年にはトクホの許可数が100を超えるなどの歴史を持っています。

さらに、2009年には許可数が150件、翌年2000年には200件、2014年には250件などの歴史を残している会社です。

毎年のように何らかの歴史を作り出している会社でもあり、2016年度においては医薬部外品の承認品目数が4年連続で第1位になるなど、大きな歴史を残しながら成長している会社です。

医薬部外品とはどのような医薬品になるのかご存知でしょうか。

一般的なスキンケア商品は国の法律により医薬品を初め、医薬部外品、化粧品の3つの内いずれかに分類が行われています。

医薬品は病気の治療で利用が行われる薬であり、薬の有効成分は厚生労働省に認可が行われているものだけに付けられているのが医薬品の特徴です。

病院で処方して貰う薬などは医薬品に分類が行われるもので、厚生労働省が認可したものだけが処方の対象になるわけです。

一方、医薬部外品は医薬品と同じく厚生労働省が許可を行った薬になります。

但し、薬と言っても医薬品とは異なり、厚生労働省が許可を行った効果や効能に対し、有効となる成分が一定の濃度で含まれているものを医薬部外品と呼んでいます。

治療薬とは異なり特定の症状の防止や衛生などの目的で利用が行われるのが特徴です。

株式会社東洋新薬は医薬品の開発を行う製薬メーカーとは異なり、医薬部外品や化粧品の開発から製造販売を手掛ける会社でもあり、その一つにトクホの製品が多数含まれているわけです。

※参考サイト・・東洋新薬 求人

オールインワン化粧品のシミウスを試してみよう。

女性は男性に比べると、ホルモンの影響を受けやすいですし、強い紫外線のダメージを受けると、シミやそばかすが目立ってきたり、しわやたるみなども気になってきます。

30代、40代と年齢を重ねると、お肌のエイジングサインが気になってくる人が多いため、美白成分が豊富に含まれているオールインワンタイプのシミウスがお勧めです。

加齢と共にお肌のターンオーバーが遅れがちになりますが、高濃度なプラセンタの成分が含まれており、皮膚の新陳代謝を高めて、メラニンの蓄積を抑える働きがあります。

シミウスは、化粧下地やローション、美容液、アイクリームとしても使用できますし、マッサージクリームとしても使用できるので、多くの基礎化粧品を揃える必要がなく、化粧品代を抑えることができます。

朝晩の洗顔後に、シミウスを適量お肌になじませておくと、優れた保湿効果がありますし、シコンエキスやコラーゲンなどの美容成分の働きで、シミやそばかすを目立たなくする働きがあります。

シミウスは日本製の医薬部外品なので、安全性に優れており、お肌が乾燥しやすくデリケートな人も安心して使用できます。

年齢を重ねると、シミやそばかすなどの色素沈着が気になったり、くすみが目立ってきますが、毎日お手入れを続けることで、少しずつお肌に透明感が出てきます。

現代は仕事や家事、育児で忙しい人が多いので、あまりスキンケアに時間を掛けられない人が多いですが、オールインワンタイプのシミウスは、これひとつでお手入れができるので、忙しい人も安心です。

高品質な美容成分が含まれている商品なのに、お値段もリーズナブルなので、お財布にも優しいです。

あまり効果が実感できない場合は、30日間の返金保証も付いているので、安心して購入ができます。

年齢によるお肌のたるみや、しわなどで悩んでいる人は、毎日お手入れを続けてみると良いでしょう。

日本人の肌質に合わせて開発された商品なので、口コミでも評価が高いです。

次亜塩素酸水とはどんなもの?

ノロウイルスに次亜塩素酸水

冬になると心配されるようになるのがノロウィルスです。

重たい症状に見舞われてしまうことがあり、子供やお年寄りですと命にかかわってくることもあるのです。

それほど危険なノロウィルスは冬場に流行しますが、対策方法と言えば次亜塩素酸水を用いることでしょう。

アルコールはノロウィルスに効果がないと言われていますので困りものでしたが、しかし次亜塩素酸水なら有効ということで広く用いられているのです。

次亜塩素酸水の特徴

・除菌効果

そんな次亜塩素酸水にはどのような特徴があるのか整理してみると、まず強力な除菌作用です。

殆どのウィルスや菌に対して効果を発揮すると言われていますので、ノロウィルス対策だけでなくそれ以外の除菌としても活躍します。

その優れた効果ゆえに病院や介護施設、食品工場などでも用いられています。

ウィルスや菌に対して特に注意しなければいけないこうした施設で用いられているくらいですから、それだけ効果が認められているということなのでしょう。

・消臭効果

消臭作用があるのも特徴のひとつです。

有機物と化学反応をして分解する働きもありますので、悪臭対策としても使用できます。

強力な除菌作用もあるため、まな板や三角コーナー、エアコンなどに使用するのも良いかもしれません。

人体に影響もなく安全性もクリアしている

ただ、それだけの効果が高いとなると人体への影響が気になるところです。

しかしながら次亜塩素酸水は安全性の面でも優れています。

そもそも食品添加物として使用することが国からも認められている成分です。

研究機関による実験できちんと害がないことが確認済みですから安心して使用できます。

おまけに環境にも優しいために地球を汚してしまう心配もないのです。

次亜塩素酸ナトリウムは危険なので注意!

非常に優秀で便利な次亜塩素酸水ですが、ところで似たような名称の次亜塩素酸ナトリウムというものがあることはご存知でしょうか。

名称は多少違うものの、ただ同一の仲間のように感じてしまう人もいるはずです。

実は自身も勝手に近い存在だと思っていたことがあります。

しかし後者は注意が必要な存在ですから気を付けましょう。

例えば刺激臭を持ち人体への影響もあります。

酸と混ぜてしまうと有害ガスが発生しますから危険性です。

強力な漂白効果を持つ成分ですから家庭で漂白作業をしたことがある人なら何となく危険があることも分かるはずです。

つまり両者は似て非なるものですので、似たような名称だからとごちゃごちゃにしないように注意した方が良いでしょう。

きちんと知識があれば間違うことはないと思われますが、もしよく分からない場合は調べてから使用することが大切です。

次亜塩素酸水

東進MSGのフォローアップ体制は安心できます

東進について

高校生になると、授業についていくのがやっとの生徒が出てくると思います。

しかし、長期的な目で見れば、三年後には受験が待っているのに、一年のうちから音を上げていては、到底、受験勉強に耐えられるものではありません。

そんな心配があるのならば、東進MSGで計画的な学習をするくせを早いうちから身につけておいたほうがよいと言えます。

東進MSGはIT授業を中心に、映像による学習をすすめています。

東進の優秀で評価の高い熱心な講師がおこなう授業を、いつでも各校舎で受講することができます。

それは映像授業ならではの自由な受講形態と、各々の学習ペースをきちんと管理することによって可能になる、学習の新しいスタイルだと呼べるでしょう。

例えば、一般的な予備校ですと、週に一度授業があって、また一週間後に続きがあり、そのまた一週間後に、さらに先の単元の続きが始まります。

しかし、東進MSGの推奨する高速学習ならば、一科目を週に三回まで受講することが可能になっています。

一度習った続きを翌日に学習することもできますので、記憶の定着に定評があります。

さらに週に三回まで先に進めると言うことは、通常の予備校の三倍のペースで学習することが可能だと言えるのです。

本人のやる気さえあれば、二年生の夏休みまでに、受験の出題範囲をすべて履修し終え、二学期からは、志望校に合格するための学習に力を注ぐことが可能です。

模試を受けて試験慣れするのも良いですし、早めに過去問を解いておくのも安心と言えるでしょう。

その中で不確かな問題や弱点が見つかれば、またその時点に戻って、履修し直せばよいのです。

IT授業の強みを活かした授業

このように各自の状況に合わせて、自由に履修内容を選択できるのも、IT授業の強みと言えるでしょう。

東進の授業はすべてt-PODにより配信されています。

そのため、どうしても校舎に行けない用事があるときなどは、パソコンの受信体制さえ整っていれば、自宅で学習することが可能です。

通常の予備校だと、一回休んでしまうと大きな穴になってしまいましたが、東進ではその心配も要りません。

また、学習のフォローアップ体制として、担任制がとられており、月に二回、合格指導面談がおこなわれます。

このときに担任は、志望校合格から逆算した学習カリキュラムを作成しています。

つまりそれに則って、勉強を進めていけば、必ず志望校に手が届くのです。

東進MSGは、最先端をゆくIT授業を押し進めながら、個別にふれあいを大切にした学習指導をしてくれます。

長期間に渡る受験勉強の協力者としては、大変心強い味方になると言えるでしょう。

出典:「東進MSG 評判」より