建設会社にも色々ある

ハウスメーカーは知名度が高く、低コストで家を建てられる

マイホームを持つと決めたら希望する住居にするために建設会社に依頼します。

日本では建設工事を最後まで請け負う事業を扱う会社を建設会社と呼ぶので、工事の依頼先はたくさんあります。

まず1つはハウスメーカーです。

CMなど幅広く広告活動を行っているため知名度が高く、大手に依頼すれば安心感があります。

ハウスメーカーは住宅を商品化して大量生産することを目標とするため、低コストで家を建てられます。

安いからといって品質が低いわけではなく、耐震や断熱など最先端のテクノロジーを練りこんでいます。

知名度の高いハウスメーカーで欠陥住宅が発覚すれば社会に大きな衝撃が走るため、細部まで工業化し製品にバラつきが出ないように工夫します。

ただし大手になるほど広告活動や営業の人件費が多くかかるため、結果として工事費用が高くなることもありハウスメーカーだから安いというわけでもありません。

規格から外れた注文が多いと低コスト大量生産ができないため、さらに価格は高くなります。

建て主が自由に家をデザインしようとすると高くなるため、ある程度の我慢は必要です。

また自由なデザインを要望しなくても、不整形地など土地そのものの問題で規格から外れてしまうことも少なくありません。

よってハウスメーカーは広くて整った土地の多い地方では安く、狭くて複雑な土地が多い都市部で高い傾向にあります。

広告で坪単価を表示していますが、これは本体だけの価格なので土地の状況により高くなることを覚えておきます。

住宅ローンを組む時もハウスメーカーの顧客だと審査に通りやすく、グループ内の金融機関を利用できることも多いです。

上場しているハウスメーカーであれば突然会社が無くなることがなく、きちんとした保証を受けられます。

2つ目は工務店で、規模が小さくコストを抑えた建築を行うことが多い

2つ目は工務店で様々な形態がありますが、規模が小さくコストを抑えた建築を行うことが多いです。

建て主から提示された予算内で法律に従って造れば良いため、ハウスメーカーよりデザインの自由度は高いとされます。

ただし工務店が普段から安くで仕入れている素材など、自分たちの好きな素材や工法を用いるため建て主と好みが合わないならば別の工務店を探すのが良いです。

工務店は保守的な傾向があり、フランチャイズに加盟していると制限も大きくなります。

仕様制限がそれほどない工務店であれば、都市部の複雑な地形に合わせて家を建てられるため、ハウスメーカーのような規格外によるコストの上乗せはありません。

ただし設計力がないと複雑な土地に対応できないため、過去の実績などから技術力を見極める必要があります。

工務店は監理する方と施行する方が同じ会社なので第三者が工事をチェックすることができません。

代願といって監理者として建築士の名前を借りる方法も一般化しており、工事期間中1度も監理者が現場を訪れないこともあります。

しかし地域に根ざした工務店は欠陥住宅や手抜き工事で地域住民たちの信頼を失いたくないため、プロフェッショナルな精神で真面目に施行しており悪質な事態に陥ることは極めて稀です。

3つ目は設計事務所で、住みやすくおしゃれな家を造ることができる

3つ目は設計事務所で運営を行うのは建築家で、設計と工事の監理を行い施行は工務店に任せます。

設計においては規格が存在しないため、工法や素材など全ての要望を伝えられます。

土地の特徴や家族のライフスタイルなど全てを考慮した上で、建築家のセンスも加わり住みやすくおしゃれな家を造ることが可能です。

土地が原因でコストが高くなることはありませんが、ゼロから作り上げ計画期間も長くなるので設計料は高くなります。

ハウスメーカーや工務店は工事費を提示されそれに納得する形で契約しますが、設計事務所は建築家が設計し終えて見積もりを出してようやく工務店による工事費が分かるため、ある程度予算が潤沢でなければなりません。

ハウスメーカーを比べると世間に認知されていないため、金融機関で住宅ローンを組むのに苦労します。

住宅ローンの相性の良い仕組みを取り入れているわけでもないため、自分で申請するなど住宅ローンの知識も必要です。

金融機関は土地を購入してから竣工までの期間が長いことを嫌うので、土地の購入にローンを使いたいならば十分な説明を行って印象を良くします。

家の品質については建築家の設計思想通りに施行されているかを建築家自身が監理するため手抜きを避けられます。

ただし自由の高い設計はどれも被りがなく、建築家や工務店にとって初めて建てる家となるので予期せぬ不具合が起こる可能性はあります。

竣工後にいくつかの改修工事をすることを視野にいれておきます。

自分が何を重視して家を建てるかで建設会社の選び方は変わってくる

ハウスメーカーと工務店、設計事務所はそれぞれ異なる特徴を持ちますが、設計の自由度やコスト、品質の信頼性など自分が何を重視して家を建てるかでどの建設会社を選ぶかは変わります。

竣工後10年間は瑕疵保証があるなど基本的な保証は国によって義務付けられているため、信和建設などの建設会社で違いはありません。