東進MSGのフォローアップ体制は安心できます

東進について

高校生になると、授業についていくのがやっとの生徒が出てくると思います。

しかし、長期的な目で見れば、三年後には受験が待っているのに、一年のうちから音を上げていては、到底、受験勉強に耐えられるものではありません。

そんな心配があるのならば、東進MSGで計画的な学習をするくせを早いうちから身につけておいたほうがよいと言えます。

東進MSGはIT授業を中心に、映像による学習をすすめています。

東進の優秀で評価の高い熱心な講師がおこなう授業を、いつでも各校舎で受講することができます。

それは映像授業ならではの自由な受講形態と、各々の学習ペースをきちんと管理することによって可能になる、学習の新しいスタイルだと呼べるでしょう。

例えば、一般的な予備校ですと、週に一度授業があって、また一週間後に続きがあり、そのまた一週間後に、さらに先の単元の続きが始まります。

しかし、東進MSGの推奨する高速学習ならば、一科目を週に三回まで受講することが可能になっています。

一度習った続きを翌日に学習することもできますので、記憶の定着に定評があります。

さらに週に三回まで先に進めると言うことは、通常の予備校の三倍のペースで学習することが可能だと言えるのです。

本人のやる気さえあれば、二年生の夏休みまでに、受験の出題範囲をすべて履修し終え、二学期からは、志望校に合格するための学習に力を注ぐことが可能です。

模試を受けて試験慣れするのも良いですし、早めに過去問を解いておくのも安心と言えるでしょう。

その中で不確かな問題や弱点が見つかれば、またその時点に戻って、履修し直せばよいのです。

IT授業の強みを活かした授業

このように各自の状況に合わせて、自由に履修内容を選択できるのも、IT授業の強みと言えるでしょう。

東進の授業はすべてt-PODにより配信されています。

そのため、どうしても校舎に行けない用事があるときなどは、パソコンの受信体制さえ整っていれば、自宅で学習することが可能です。

通常の予備校だと、一回休んでしまうと大きな穴になってしまいましたが、東進ではその心配も要りません。

また、学習のフォローアップ体制として、担任制がとられており、月に二回、合格指導面談がおこなわれます。

このときに担任は、志望校合格から逆算した学習カリキュラムを作成しています。

つまりそれに則って、勉強を進めていけば、必ず志望校に手が届くのです。

東進MSGは、最先端をゆくIT授業を押し進めながら、個別にふれあいを大切にした学習指導をしてくれます。

長期間に渡る受験勉強の協力者としては、大変心強い味方になると言えるでしょう。

出典:「東進MSG 評判」より