ステロイドニキビとは

ニキビでお悩みの方は多いと思います。ニキビと言いましても、種類や対処の仕方はいろいろなものがあります。
皆さんは「ステロイドニキビ」というのをご存知でしょうか。

これは、この名前の通り、ステロイド外用薬を使うことによって生じる吹き出物やニキビのことです。
ステロイド外用薬というのは、ステロイド系抗炎症薬のことですが、その薬効成分は「糖質コルチコイド」という副腎皮質ホルモンの一種です。

ステロイド剤は抗炎症作用をもっていて、皮膚の炎症、痒みを抑えるのに大きな効果を発揮するため、皮膚疾患の患者に広く使われています。
しかし、副作用も少なからずあるので、長期にわたる常用は避けたほうがよいとも言われています。

たとえば、長期的に用いることによって、血管が弱くなり、毛細血管拡張の原因になると言われています。
また、免疫抑制作用によって、ウィルスなどに感染しそのために皮膚の炎症が引き起こされることもあります。
さらに、前述のステロイドニキビが発生することもあります。

ステロイド剤の副作用としておこるこの種のニキビは、ほとんどの場合、小さく赤い発疹が出る場合が多いようです。
それが、大きな炎症につながることは普通ないようです。

ステロイドの使用を中止すれば、この種のニキビの症状は改善します。
ステロイド剤はさまざまな副作用がありますが、皮膚の症状に合わせたレベルのものを適切に使用すれば副作用をそれほど心配することはありません。

かえって、湿疹をそのままにしておくなら、皮膚細胞が破壊されてしまって皮膚の再生ができなくなってしまったり、色素沈着が起こってしまったりする心配があります。
ニキビの治療にはステロイド剤を使ってはいけません。

ニキビはアクネ菌が増えることによってできますが、ステロイド剤によりアクネ菌の増殖を促進することになり、結果かえってひどくなる場合が多くあるからです。
しっかりと対策をしてニキビから身を守りたいですよね。