偏頭痛を抑えてくれる食べ物

偏頭痛は血行不良などが原因で起こることが多いです。
毎日食べる食事にちょっと気を使うことで、体内の血行状態が良くなって偏頭痛を予防したり緩和させることができます。
ではどういった食べ物が、偏頭痛に効果があるのでしょうか。

よく言われるのがアーモンドです。
アーモンドにはマグネシウムなどのミネラルが豊富に入っていて、血管を緩める働きをすると言われています。
そのため血行を良好にする効果が期待できます。
よ良く昔からアーモンドを食べ過ぎると鼻血を出す・・・なんて言いますよね。
その真意は別として、アーモンドは人の血液に影響を与える食べ物となっているんです。

それからレバー。
貧血気味の人もレバーを食べると嘘のように体調が良くなると言いますが、レバーも綺麗な血液を正常に流してくれる働きがあります。
レバーと言っても、牛や豚、鶏など色々ありますが、その中でも豚レバーが最も偏頭痛には良いと言われています。

その理由として豚レバーは他のレバーに比べてビタミンB2という栄養成分が豊富に入っているからです。
ビタミンB2は体内の細胞を活性化する働きをしてくれて新陳代謝を良くしてくれます。
それによって偏頭痛が起こりにくい環境を整えてくれるんです。

意外なところがコーヒーです。
コーヒーは飲み過ぎるとあまり体に良くないというイメージがありますが、適度な量は体内に良い影響を与えてくれます。
コーヒーに含まれているカフェインも、実は偏頭痛を起こしにくくする働きがあるようです。
ただし適度な量ということが前提で、出来れば牛乳などのミルク成分や糖分が配合されているカフェオレが理想です。

このように身近なところに偏頭痛を改善させてくれる食べ物はたくさんあります。
長い間偏頭痛に悩まされているという人も、意識してこれらの食べ物を積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。
仕事中などに起こってしまうと非常に厄介な偏頭痛ですが、少しの心がけで随分改善させることができると思います。

⇒偏頭痛は食生活が関係している?